×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第6話「孤高のクレオパトラ」



〜前回のダイジェスト〜



「おっほほほほ…!あなたの心のトップスタァ、神崎すみれでございます。まぁ、やっとダイジェストの担当が回ってきましたわ。以前から、この私を何故最初から担当にしないのか不思議で不思議で――」

「お〜いっ!!あたいにも喋らせろ!!」

「あらカンナさん、食堂で原始人みたくお肉を頬張ってたと思ってましたのに、もういらっしゃいましたの?まぁ、相変わらずがさつでいらっしゃいますことねぇ」

「うるせぇ!!前回はおめぇ一人の話じゃねーだろうがっ!!」


すみれとカンナが喧嘩している間に流れるダイジェスト。仲裁に入る大神。

「〜〜二人とも!!この前仲直りしたばっかりだろ!?」

「〜〜少尉はお黙りになっててっ!!」

「〜〜隊長は引っこんでなっ!!」


同時に突き飛ばされてフレームアウトする大神。

「大体、この前だってあなたが蛇に怯えさえしなければ、スムーズに事が運んでましたのよ!?」

「何を〜っ!?お前だって馬鹿みたいに『蜘蛛がぁ〜、蜘蛛がぁ〜』って騒いでただろ!?」


通りがかるさくら。

「あ、ダイジェストのコーナーですか?…あれ?もう時間みたいですよ?」

「えっ!?」

「えー、それでは、前回のお話がよくわかったところで、第7話いってみましょうか!」

「〜〜ちょ…っ、ちょいと!!まだ私、一言も…!!」

「あたいなんか挨拶もまだだぜ!?」

「今回は紅蘭のお話ですよ。それではどうぞ!」

「〜〜勝手に終わらすなぁ〜っ!!」「〜〜勝手に終わらすなぁ〜っ!!」



★6−1 ★6−2 ★6−3 ★6−4

★6−5 ★6−6

舞台(長編小説トップ)へ

サイト・トップへ