×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「決着!?姉妹対決!!〜かえで編〜」



「――大神君、次回公演の資金のことなんだけど…」

「あ、はい。そのことで今、伺おうと思ってたとこなんですよ」

「そう、丁度よかった…!」


私は優しく微笑むと、資料を渡して颯爽と大神君に近づいた。

そして、さりげなく自慢の胸を彼の腕に押しつけてみる。ふふっ、どう、この感触は?このワンピースとブラ、高かったんだから…!

大神君は案の定、頬を紅潮させながらチラチラと私の胸を見てくる。ふふっ、相当意識してるみたいね。安心しなさい、後でたっぷり直に触らせてあげるから!

「……大神君?」

「〜〜はっ、はいっ!?」


彼は、しまったという顔で振り返る。あやめ姉さんが不機嫌そうにこちらに近づいてきたのだ。かわいそうに、大神君ったら姉さんの恐ろしい顔と声に怯えているわ…。もちろん、私も邪魔されてムカついたから、同じような顔で睨み返してやったけど。

「午前中の訓練が終わったら、お食事する約束だったわよね?何がいい?やっぱり和食?それとも、煉瓦亭のオムライスがいいかしら?」

姉さんったら本当嫌味よね…。デートの話を持ち出してくるなんて、あてつけのつもり?

「そうですね…。じゃあ…」

「――煉瓦亭なら私、2割引きのお食事券持ってるわよ?」


もちろん、私も黙ってなんていないわよ。絶対に大神君を姉さんと2人きりになんてさせるものですか…!抜け駆けなんて許さないんだから…!!

「でも、2人分だから3人じゃ無理ね…。誰かに諦めてもらわないと…」

ちらっと私は姉さんの方を向いて催促してみる。

まったく…、妹の幸せを願うのが姉ってもんでしょうが!さっさと諦めなさいよね!?

「……かえで、あなた、報告書書かなくちゃいけないんじゃなかった?」

「提出は来週よ?午後からやれば十分間に合うわ。姉さんの方こそ、賢人機関の会議があるんじゃなかった?」

「残念ね。今回は米田司令お一人でのご出席なの」


睨み合っている私達姉妹の殺気を感じたのか、大神君がおたおたと喋り始める。

「〜〜あ、あのぉ…、ここは仲良く3人で行きませんか…?あ、そうだ…!蕎麦にしませんか!?ほら、大晦日に6時間以上待ったおばあさんの所の」

「いいわねぇ。私、和食が大好きなのよ。あ、でも、かえでは洋食の方が好きなんだし、一人で煉瓦亭行ってくれば?ホホホ…!」

「〜〜私だって、お蕎麦大好きですもの!この前の金粉蕎麦、美味しかったわよね〜、大神君?…あ〜、そうか。姉さんは出張中で食べてないんだっけ?ホホホ…!」


〜〜いちいち腹の立つ姉ねぇっ!

姉妹関係のさらなる悪化に、大神君はますます頭を抱えてしまった…。

「――はいはい、お待たせしました〜…」

改心した息子さんが手伝っているだけあって、おばあさんは予想よりだいぶ早く持ってきてくれた。

こういう暑い日はざる蕎麦がよく合う。本当は蕎麦よりパスタの方が好きだけど、たまには和食もいいわよね。美容にもいいって話だし。

「うまそ〜!では、頂きましょうか」

大神君が男っぽく、だが、行儀良く蕎麦をすする。

ふふっ、男の子が食べている様子を近くで見るの、好きなのよね。それが私の手作りだったらなお良いわね。よぉし、思い切って、今度、コロッケを作ってあげようっと!……作ったことないけど、何とかなるわよね。

「〜〜きゃっ!んもう…」

あ〜ん、そんなこと考えてたら、白いワンピに蕎麦つゆが飛んじゃったわ…。〜〜うぅ…、格好悪いとこ見せちゃった…。

「大丈夫ですよ。後でシミ抜きすれば落ちますから」

「ふふっ、そうよね。ありがとう」


大神君がハンカチで私のワンピについた蕎麦つゆを拭ってくれてるわ。ふふっ、ラッキー!姉さんってば平気な顔してるけど、絶対悔しがってるに違いないわ!

…けど、大神君って誰にでも優しいのよね。男性・女性、好き・嫌い関係なく。今のだって、私だから特別世話を焼いてくれたんじゃないもの…。

大神君、気づいてくれてるわよね…?私があなたに好意を寄せていること…。嫌がらないってことは、私のこと…好きってことかしら?それとも、傷つけちゃいけないと思って、断れないだけ?こんなことを思うと、いつも胸が苦しくなる…。

私と大神君が深い関係になったのは、彼が記憶喪失になった時。おばあ様が私の婿だって嘘をついてくれたのよね…。

記憶が戻ってからも、私と大神君の深い関係は続いたわ。それは姉さんが転生して帝撃に戻ってきた今でも続いている。昔は意地を張るばかりだったけど、今は素直に大神君の愛を受け止められるわ。ふふっ、大神君ったらね、姉さんが寝た後、私に会いに毎晩部屋に来てくれるんだから!

でも、私はいつだって姉さんの2番手…。仕事だけでなく、恋愛面でもまだ姉さんに勝てそうにない…。それが悔しい。

「――かえでさん?どうしました?」

蕎麦を口にしない私を大神君が心配そうに覗き込んできた。

「〜〜う、ううん…。何でもないのよ…」

私は作り笑顔で蕎麦をすすった。

大神君は、最終的にどちらを選ぶんだろう…?

そもそも、私が帝撃に入れたのは、姉さんが葵叉丹に霊力を奪われたから。代わりに大神君達のサポートを頼まれたのが最初なのよね。

でも、まさか、自分が姉さんと同じ人を好きになるなんて思わなかった…。姉さんが山崎を家に連れてきた時なんて、正直『あんな優男のどこがいいんだろう?』って思ったわ。だから、てっきり男の趣味は違うと思ってたのに…。

思えば、昔からそう。姉さんは私の憧れでもあり、ライバルでもある。服もおもちゃも姉さんのお古で我慢しなさいって散々お母様に言われたものだっけ。でも、それっていつまで?私もいい大人なんだし、いつまでも姉さんのおこぼれをもらい続ける気なんてないわ!

でも、私も姉さんも10代で結婚するのが当たり前の世の中から見れば、行き後れの部類に入るんでしょうね…。もしかして、しわしわのおばあさんになっても、この三角関係が続いてたりして…!?ゾッとしながら私は再び蕎麦をすする大神君を見つめた。

ねぇ、大神君、私が結婚したいって言ったら、してくれる…?子供が欲しいって言ったら、いいですよって笑ってくれる…?

「――かえでさん…?」

大神君はベッドの中、不思議そうに私の名を呼んだ。私は我に返り、自分と大神君が生まれたままの姿でいることに驚き、納得した。

そうだ…。お蕎麦を食べた後、出撃要請があって、すぐ帰還したんだっけ…。それが終わって、やっと2人きりになれたところだった(姉さんは会議で忙しいみたい)。

「ご、ごめんなさい…。今日は疲れてるみたい…」

腕にぐっと力を入れられ、大神君の元へ抱き寄せられる。大神君は私を後ろから抱きしめ、背中にキスした。あぁっ、この瞬間が一番幸せ…!

「ここ…、敵にやられて痛かったでしょう?俺が治してあげますよ」

「ふふっ、もう、大神君ったら」


大神君はベッドの中ではいつもオオカミになる。そのオオカミに私は身も心も委ねて、夢心地になる。

大神君が私だけを見ていてくれる、最高の時間。ふふっ、この時だけは、上官と部下の立場が逆転するのよね。

今だけは2人だけの時間。誰にも邪魔されない特別な時間…。

「――かすみと由里は伝票整理、椿はパンフレットのチェックをお願いね」

私はオオカミからもらったたっぷりの愛情をエネルギーに替え、午後の打ち合わせに注ぎ込む。

「〜〜はぁ〜…、少しは休ませて下さいよぉ〜」

「まったくだわ…。私らはそんなに動けないっつーの!」

「的確で迅速な指示を出して頂けてありがたいじゃない。さすがは代理ね」


褒めてくれているかすみにはちょっと言いづらい。このエネルギーは大神君の愛が元なのよって…。まぁ、私と大神君が内緒で付き合っているのはこの3人(特に由里)は知っているだろうから、おおよそわかるとは思うだろうけど…。

「――いっただきま〜す!」

夕方、食堂で皆で夕飯を囲む。こうやってると、本当の家族みたいだ。

今日のメニューはハンバーグ。料理上手のかすみが作る料理は、いつも美味しい。

「うん、うまい!――かすみ君は本当に料理が上手なんだね」

「え?そ、そうですか…?」


大神君に褒められて、かすみは照れくさそうにうつむいた。もう、本当に大神君ってば誰にでもそういうこと言うんだから…。

だが、すかさず、加山君がかすみの隣に着席した。

「かすみっち〜、あ〜んして!」

「はぁ?〜〜じ、自分で食べて下さいよ…っ!」

「いいじゃん、いいじゃん!俺っちのことを想って作ってくれたんだろ?」

「〜〜ち、違いますっ!……まったくもう…」


…ハマりすぎだわ、かすみと加山君の2人。今度、本当に前座で夫婦漫才やってもらおうかしら。

「アイリスもやる〜!――お兄ちゃん、あ〜んして!」

「え?」

「アイリス、ずる〜い!――私もやってあげますね〜。はい、あ〜ん!」

「〜〜はは…、参ったな…」


さくらとアイリスに迫られて、心なしか嬉しそうな大神君…。まったくもう…、彼女の前で他の女にデレデレしなくてもいいのに…。

不機嫌そうに私が顔をそむけると、視線の先に同じくらい不機嫌そうな姉さんがいた。きっと、私と同じことを思っているに違いない。ふふっ、さすがは姉妹ね。

でも、私ってばいつからこんなに嫉妬深くなったのかしら?年のせい?

その日の夜、いつものように私はオオカミになった大神君と姉さんの愛し合う声とベッドがきしむ音を自分の部屋で聞かされた。響き方からして、姉さんは私の部屋と自分達の部屋とを仕切る壁に両手をついているようだ。帝撃に戻ってきて以来、姉さんは毎晩こうして、隣の部屋にいる私に大神君との仲をあてつけてくる。ったく、変な嫌がらせしてくるんだから。

でも、私じゃない、姉さんの方を今、大神君は抱いてるのよね…。そう思うと、やっぱり悔しい。いつもまっすぐ私の元へは来てくれない…。

私は深いため息をつき、ベッドに横になった。

――早く終わらないかな…。この時間が何より辛い…。私はイライラしながら、掛け布団を頭までかぶった。それでもまだ姉さんの声が響いてくる。泣きそうになりながら、私はおとなしく待つ。

しばらくすると、隣の部屋も静かになった。姉さんと大神君が何か話をしているみたいだ。……何を話してるんだろう…?もしかして、結婚とか子供とか将来的なことかしら…?あぁ、大神君が姉さんと結婚したら、どうしよう…!?

(〜〜大神君…、早く来てよ…。不安になるじゃない……)

「――さん…、かえでさん…」


耳元で囁かれ、私は目を覚ました。大神君の優しい笑顔が目の前にある。いつの間にか眠ってしまっていたらしい。

「……遅い。ずっと待ってたんだから…」

私は泣き腫らした真っ赤な目を伏せた。大神君は眉を顰めると、私の顔に手を添え、真剣な顔で見つめてきた。

「泣いてたんですか…?俺が来るまでずっと…」

「ふふっ、気にしないで。あてつけてくる姉さんに腹が立っただけよ」

「〜〜すみません…。俺がはっきりしないせいで…」

「別にいいのよ。だって、姉さんのことが好きなんでしょ?」

「しかし、俺はかえでさんのことも本気で…!本気で愛しているんです!!」


ドキン…!そ、そんな真顔で言われたら、私…。

「私だって、あなたのことを誰より愛してるわ。〜〜本当言うと、今さら姉さんに返したくない…!私のことだけを見ていてほしい…!!……でも、これで十分なの。あなたがこうして毎晩会いに来てくれるだけで私は…」

「〜〜でも、それではかえでさんが…」

「ふふっ、だったら、こうしない?私に赤ちゃんができたら、姉さんにはっきり別れを告げるの」

「え…っ!?そ、それは…まぁそうですが…」

「姉さんには悪いけど、私、大神君との赤ちゃんが本気で欲しいの。略奪愛だって罵られても構わない。それぐらいあなたへの愛は本物だもの…!」

「かえでさん…」

「…それに、姉さんに初めて勝つチャンスだしね」

「ん?何か言いましたか?」

「う、ううん、別に…!――ふふっ、早く神様が授けて下さらないかしら」


愛しそうに下腹部をさする私の手に自分の手を重ね、大神君も私の下腹部をさすってくれる。

「男の子ができたら、花組隊長の後任にできますね」

「そうね。その子が大きくなるまで、頑張って帝撃を支えなくっちゃ!」

「はは、そうですね」

「…ねぇ、大神君」

「はい?」

「――もし、本当に赤ちゃんができたら、私と結婚してくれる?」

「え?もちろんですよ!かえでさんもその子も俺が一生守りますから!」

「ふふっ、約束よ?ゆびきりげんまん!」


私は大神君とゆびきりをし、自らの勝利を確信した。

ごめんなさいね、姉さん。私、姉さんの分まで大神君と幸せになる!

「それじゃ、今日からゴムはいりませんね」

「えぇ。ふふっ、そんなにがっつかなくても大丈夫よ…――あ…っ!」


オオカミに豹変した大神君は、私が言い終わらないうちから私の肌に夢中で吸いつき始めた。

「大神くぅん、キスもしてよぉ…」

「はは、わかりましたよ」


突然の甘えにも必ず応えてくれる。長くて甘い大神君とのキス。ふふっ、もう、とろけちゃいそう…。

汗を光らせながら私を懸命に愛して、安心させてくれる大神君。私と目が合い、優しく微笑んでくれた。不思議…。この時間だけは嫌なことを何もかも忘れられる。姉さんにも勝てそうな気さえしてくる。

その晩だけで何度互いを求め合い、深く愛し合っただろう。その度に体中が大神君の愛で満たされていくようで、私は最高に幸せだった。

そして、運命の日は突然やってきた。体調がすぐれなくて、陸軍病院に行ったら、何と妊娠3ヶ月と医師から言われたの!遂に私が正式に大神君の奥さんとなる日が来たんだわ…!!

私はいてもたってもいられず、すぐに大神君の元へ飛んでいった。

「――えぇっ!?赤ん坊が…!?」

「えぇ、そうなの!ふふっ、これで私達の交際を堂々と公表できるわね!」

「そうですね…!――そうか…!俺、父親になるのか…!!」


大神君、本当に嬉しそう。ふふっ、よかった。姉さんには悪いけど、これで私と大神君はハッピーエンド――。

「――大神君、やったわ!遂に赤ちゃんができたのよ…!!」

姉さんが珍しく興奮しながら駆け寄ってきた。

…え?今、何て…!?

「〜〜いぃっ!?あ、あやめさんも…ですか…?」

「う、嘘でしょ…?もしかして、姉さんも3ヶ月…?」

「か、かえで…、あなたもなの…!?」


悪い予感が的中してしまった…。まさか、姉と同じタイミングで同じ人の子供を妊娠するなんて…。〜〜どれだけ似てるのかしら、私達って…?

でも、負けない…!!大神君と幸せになるのは、私の方よ…!!

「フフン、まだまだ勝負はこれからよ…!」

「勝負は7ヶ月後ね!絶対、私の赤ちゃんの方が可愛いんだから!!」

「フン、私の子の方がおりこうになるに決まってるでしょ!?」

「〜〜言ったわねぇっ!?」


大神君は青ざめた顔であたふたと私達の喧嘩を止めようとしている。

「――俺、お腹の子を含めた4人とも必ず幸せにしますから…!!ですから、もう姉妹喧嘩なんてやめて下さい…!!」

大神君…。あぁ、胸がキュンとなるわ…!たとえあなたが姉さんを捨てられないとわかっても、もうそんなのどうでもよくなっちゃった。

「ふふっ、ありがとう、大神君。あ、これからは一郎君って呼んだ方がいいわよね?それとも、お父さん?」

「行きましょう、あ・な・た!これから三越でベビー用品を買いに行かなくっちゃ!」

「ふふっ、これから忙しくなるわよ〜!元気な子を産んであげるわね!」


私と姉さんは一郎君の両頬にそれぞれキスすると、両腕に抱きついて、三越まで引っ張っていった。

ということで、今回の勝負は引き分け。まだまだこの姉妹喧嘩は終わりそうにないわね…。

でも、姉さんに私達のこと知ってもらえたし、とりあえず良しとしようかしら。ね、あ・な・た!

終わり


あとがき

あやめ姉さんVSかえでさんの、かえでさんサイドです。

こちらも皆様に大好評で、ありがたい限りです!

やっぱり、私みたいに大神さんと藤枝姉妹のカップリングを望む人って結構いるんですね〜!

サイト運営するまで気づきませんでした!嬉しい発見です!!

それにしても、かえでさんの妊娠する確率、高いですねぇ…(笑)

こうなってくると、あやめさんが今まで妊娠しなかったのが不思議に思えてきますが…。

でも、こういう時って、男性はどうするんでしょうかね?

まぁ、2人同時にってことはありえないと思いますが…(笑)

あやめさんとかえでさん、これからも大神さんを巡って、仲良く張り合ってほしいと思います!


次の短編へ

かえでの部屋へ